FC2ブログ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
Capriccio
気まぐれに、徒然なるままに、日々おもっている事と旅に出たこと、ちりとてちん、コルダなど語ってゆく日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きょうは、月明りがきれいでなんだかいつもよりあかるい気がした。
なんだっけ、つばさに出てきた、今夜は月が明るいから遠回りして帰ろう~♪みたいな歌。
あぁ…今ぱっと歌詞とメロディーが出てこない…ど忘れ。
なんだかあの気持ちが分かる気がする夜でした。
なんとなく気分が高揚して、もう少し見つめていたくなる。

月の明るいのを口実に少しでも長く一緒にいたいという風にもとれて、ロマンティックでかわいいなぁとおもう。
外が明るく感じるから、まだ帰らなくても大丈夫、という時代も、どこかに行くわけではなくてただ「遠回り」をして歩いていくという関係にもきゅんとくる。
とはいえ、あの歌よく知らないので、なんとなくのイメージです。
全然違う意味の歌だったらすみません…

つばさやってた頃は、結構口ずさんでたんだけどな。
好きでした。


真っ白いお月さんと上の方に短く横に伸びているのがついた電信柱(あれなんていうのかしら。語彙が貧困すぎる…)が絵になるなぁとぼんやりと外を見上げていました。

そういえば、そういう名前のお話ありましたもんね。
「月夜のでんしんばしら」だったかな。
あれは、月夜にでんしんばしらが歩くんだっけ。

なんとも幻想的で、携帯で撮ろうと試みたのですが、何度やっても白い明りがふにゃりと写るだけで、思い通りにはいきませんでした(笑)
まぁこんなものです…



さて、最近はしばらくためこんでいた大河を一気に観ましたよ。
やー、おもしろいね。

後藤様は、青木くんが演じているということだけで、何でもないシーンで泣けてくるので不思議です。
あの迫力に圧倒される。
演じる青木くんの気迫が強く伝わってきて、胸がつまりました。

坂本さんは、人の扱い方をよくつかんでいるなぁとつくづく感心します。
このひとは、こういう言い方をしたら動いてくれると分かっていて、交渉しているんですよね。
観ていておもしろい。
(「岩崎様」の扱いも笑っちゃう…^^)
坂本さんが今の世に生きていたら、今日本で起きている問題など華麗に解決してくれそう。
彼なら実現してくれるだろうと信じたくなる魅力がありますね…
そんな風に誰もが期待してしまう人、期待に応えられる人が誰かいてくれたらいいのになぁ…


清風亭の会談は、ふたりの様子を固唾をのんで見守る弥太郎とお元の表情も印象的でした。
ここで起きていることが信じられないというような眼。
弥太郎にとって、認めたくはなくても、坂本さんの力量を改めて思い知った瞬間なんだろうな。


そして、高杉さん。
最後まで存在感を強く残していきました。
先週、坂本さんと話しながら声をたてて笑うシーンや、最後の海のシーン、鳥肌がたって。
自分の役目は終わりだ、と笑いながらも、まだ終わりたくない、やるべきことは残っているのに、という心からの悔しさ、やるせなさがびしばしと伝わってくるんですよね。
その強さの分だけ、自らの志に対する情熱もすごく深い人だったんだなと改めて感じます。
もしかしたら、思いは誰よりも強かったんじゃないかとさえ思ってしまうほど、観ていて動けなくなってしまうほどの覇気。
すごいな…

お龍さんの言った「残されたものにとってははじまり」という言葉、深いなぁと思ったけれど、やっぱり去る者にとっては「終わり」に過ぎないんですよね。当たり前だけれど。
残された者は、責任を持って、続けていかなければならない。終わりにせず引き継いでいかなければならない、その重みと難しさを背負っているもんなんですよね…


最終章に突入して、「龍馬暗殺まで、後○ヶ月」で締められて、少しずつその時に近づいていくのがこわいです。
語る弥太郎も病におかされはじめたようだし…

このドラマ、「伝」というスタイルで、どのようにしめくくるかも楽しみです。


あー、幕末へ興味持ち始めた今だったら、2,3年前に行った会津や函館ももっと楽しめるかもしれないなぁ。
もっと勉強してからいつかまた行きたいです。


後、大久保さんがミッチーで、アーネスト・サトウがパックンらしい。
アーネスト・サトウさんのこと、ちらっと本で予習しました。
5にも出てくるのよね…




てっぱん今日の観てたけど、「よくあるパターンや!」って…(笑)
何がよくあるんですか!何でよくあるって知ってるんですか!とつっこみたくなったわ(笑)

コインランドリーで、漫画雑誌、発行年の違う8号が2冊…
何でまた…
とかくだらないこと考えてました。

家族だと思って、とかいう下宿よりも、家族ではない、と言いきる下宿の方がリアルだなと思います。
あかりは、距離を縮めることがよきことだと思っているんだろうけれど、方向性がどこかずれてしまってるのよね。
うーん、がんばれ…



「眠かったけど」の記事に2つ、「プレゼント」の記事に拍手頂いておりました。
押してくださった方、ありがとうございました…!

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © Capriccio. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。