FC2ブログ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
Capriccio
気まぐれに、徒然なるままに、日々おもっている事と旅に出たこと、ちりとてちん、コルダなど語ってゆく日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再来年のことを話しますよ…!

再来年の大河、主演が松ケンに決まったそうで…!

これはやばい。まだまだ先のことなのに、なんだか落ち着かなくなってきました(笑)そわそわそわ。

どうしようね…
ちょっと落ち着こうか。

私は、今さっき聞いたばかりなのだけど、どうやら8日には発表されていたようですね→

出遅れた…いやしかしいつものことです。ふふ!


やー、彼なら藤本さんの描く「新しい清盛」を生き生きと演じてくれそうです。
安心感がある。

もう楽しみとやばいしか出てこないのですけれども、なんかもう期待で胸がいっぱいです。
まだまだ先なのだけど、再来年まで頑張って生きてゆこうとおもいます(笑)

あ…トップランナーもこれに合わせてなのかしら…?


今、ブルーレイにいろいろダビングしているところなのですが、NHK率が高いです^^

後一応、ゴンゾウと不毛地帯も録画してるんですけど、虎ノ介さんて、何話に出てたんだっけなー。
虎ノ介さんの出演されたドラマで、何話に出てるか分かるデータベースみたいなのがあればいいのになぁ…(他力本願)

大河とこないだの五夜連続ドラマもぼちぼち整理せねば…


きょうのてっぱん、やっぱりきょうも泣きましたよ。
お父ちゃんがいいわ…!
てっぱんでいちばん好きなのはお父ちゃんです。
鉄兄にかけた寄り道しても~というのも今までのいざこざが嘘のようにすっと出てきた優しさが素敵だったし、その後嬉しさがぱぁーっと広がっていくような森田くんの表情にもじーんときました。
それと、「田中さんも家族」もね。
お父ちゃんは、がんこでまっすぐすぎて、うまく曲げられなかったり、余計なことをしてしまったりもするけれど、優しさもまっすぐ直球で来て、それがまた無意識なので、いいなぁとおもう。
初音さんが遠慮がちに投げてきたものをすぱっとストレートで返してくれていましたね。

戸惑うくらいのまっすぐさに笑ってしまったり、泣いてしまったりします。

初音さんの心の扉も開き始めたのかも。
今日の観てると、確実に変わってきてますよね。


おとといあたりの伝さんの、ようやくこのてっぱんも日の目を見る日がきたか、みたいなことをしみじみというセリフは、「やっと草若に会えたなぁ…!」を思い出してしまったのでした。


しかし、駅伝くんは、相変わらずあっさりだなぁ。
ええんちゃう?って…

あの雰囲気で反対なんてできないだろうけれども。
あかりがお店をやりたい理由、反対していた3人は誰かに聞いたのかな。
初音さんが条件をつけてくれたとはいえ、3人があっさりと協力的になったように見えました。
のれんを皆でデザイン、とかも、いつの間にそこまで…?と思ってしまったよ。
皆で考えているシーンは、自然でアドリブっぽくていいなぁと思ったけれど、なんとなくつなぎめが気になりました。

駅伝くんは、意外と押しに弱いけど付き合いいいよね、という話でした。

今のところ、くっつく気配はありませんが、いつぞやのあかりの演奏する姿を駅伝くんが初めて見たシーンには、私の少女漫画センサーが反応しました(笑)
これからどうなるんだろねー。

あ、ちゃんと駅伝くんの名前は分かってるんだけども、(滝沢くんですよね!)冬美さんのあのアクセントでの呼び方が印象的でついついこう呼んでしまいます…

冬美さんがいなくなるのもさみしいなぁ。


てっぱんダンスも、毎日みているのに、毎日見入ってしまいます。
あれって、どの年代がどんな風に踊っても味があるように感じられてすごいなぁと思います。
そういう風につくられているのかなぁ。
ストリート系のお兄ちゃんたちもひょうきんな野球少年たちもにっこりとしたおじいちゃんもどのダンスもそれぞれ違ってそれぞれ魅力的。
少し、いつもと違う方のダンスが見れるのも楽しみです。

いっぱいいる人たちの中でこっそり出演者も混じって踊ってるというのもあればおもしろいかも、と思ったりしました…♪







もうひとふんばりしたら、最近ずっと妄想している漫画での加地くんの立ち位置とか桐也とのあれこれとか土浦とかいろいろはきだしたいです。
書かないと、何考えてたんだかわかんなくなってきますね。
書いても大したことないことかもですけど。

書きたいのに書けないものばかりどんどん増えてきて、時間に気持ちがおっつかなくてあせります。

雑誌のご当地中華まん特集見ていたら、茨城には「土浦カレーまん」というのが目に入り、吹き出しました(笑)


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © Capriccio. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。